院長挨拶

中医師・鍼灸師 加川 幸三
中医師・鍼灸師 加川 幸三

四千年の歴史を有する中医学は長い年月を経て独自に発展してきましたが、 現代の中国では西洋医学の考えも取り入れ、中西結合という形で大きく進化し て現代中医学が提唱されました。
中医学と西洋医学は全く異なるものと思われ がちですが、同じ人体の構造や生理を解明する科学として多くの共通点 が見られます。当院では中医学と西洋医学の豊富な知識と臨床経験にもとずき、 疾病の原因を追究し的確な治療方針を導き出します。本場中国で学んだ鍼灸で 健康を取り戻すお手伝いをいたします。

(讲中文 speak mandarin)

学士学位証書

経歴
1986年 北京第二外国語学院にて語学研修終了。
1987年 広州中医学院(現広州中医薬大学)に本科生入学。

研修画像

1992年 同校鍼灸科(5年制)を卒業、医学学士学位取得、中医師資格取得。 7年間の留学を終え帰国。
病院勤務(6年)をへて、ドイツ・チャイニーズメディカルセンターにて研修。

1999年 9月に大阪市北区南森町にて、加川鍼灸院を開院。

2000年 当院主催 第一回 広州中医薬大学研修旅行

2001年 第三回中国広州国際中医薬学術会議参加

2001年 広州中医薬大学45周年式典参加

2005年 当院主催 第二回 広州中医薬大学研修旅行

2008年 広州中医薬大学50周年式典参加