世界文化遺産「姫路城」に行ってきました!

白鷺が羽を広げたような美しいたたずまいから「白鷺城」とも呼ばれる姫路城。ゴールデンウィークとあって人でごった返していましたが、木造建築の最高傑作と言われる5層7階の天守の内部はすごい迫力でした! 現在の姫路城は、徳川家康の次女督姫を妻とする池田輝政によって慶長6年(1601年)から8年の歳月を費やし建てられたもので、それまでは羽柴秀吉がその20年前に建てた三層の姫路城だったそうです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です