春分の日

春分の日は昼と夜の長さがほぼ等しくなり、この頃、自然界では至る所で春の兆しが見られ、春が来た!と実感すると共に、気力が充実し幸わせな気分になります。しかし気温が上がり暖かくなってくると、私たちの身体も影響を受けます。冬の間に体を温めていたエネルギー(陽の気)が急激に強くなり、のぼせやめまい、吹き出物や口内炎などの炎症が出やすくなります。苦味があり解毒作用のある春野菜(菜の花・きくな・ふきのとう・セリなど)を食べるように心がけ体調を整えましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です